2010年12月16日

開経偈

無上甚深微妙法 百千万劫難遭遇
我今見聞得受持 願解如来真実義

むじょうじんじんみみょうほう ひゃくせんまんごうなんそうぐう
がこんけんもんとくじゅじ   がんげにょらいしんじつぎ

無上甚深微妙の法は
百千万にも遭い遭うこと難し
我今見聞し受持することを得たり
願わくは如来の真実義を解し奉らん

この上もなく深く尊いこの法(教え)にめぐり合うことは、
百千万年という長い長い年月の中でもなかなか難しいことなのに、
今、私はこうしてこの法文(ほうもん)をいただくことができました。
このご縁を大事にして、み仏様の教えの真実の意味を理解するように、
つとめたいと願います。

本題のお経を唱える前に唱えます。


タグ:お経 仏教
【関連する記事】
posted by 本寿院 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173574182

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。